2013年04月25日

オオバウチワエビ

こんにちは、ふくちゃんです^^
海の中って、本当にいろんな生物が生息していますよね!!
僕は、八幡野で潜るようになって20年目になります。
そんな僕でも、未だに初めて見る生物に遭遇することも!!
ホームの奥深さに、いつも感動させられっぱなしです^^

八幡野で毎年出現する不思議な生物といえばこちら!!

2013042501.jpg

オオバウチワエビです。
カブトガニのようなカッコイイ姿のエビです。
普段は砂の中に潜って身を潜めています。

八幡野では、ウチワエビとオオバウチワエビの2種類が観察できています。
胸の部分の縁にある歯の数が、ウチワエビは11〜12、オオバウチワエビは6〜8。
また、オオバウチワエビの方がウチワエビに比べて薄い色をしているのが特徴です。

2013042502.jpg

そして、八幡野で観察できる99%はオオバウチワエビ!!
普通のウチワエビは滅多の滅多に出現しません。

他のエリアで潜られているインストラクターに話を聞いてみたのですが、
オオバウチワエビは滅多に観察できないとの事です。
なのに、八幡野ではオオバウチワエビばかりが観察できます。
(とはいっても、季節限定の貴重な生物です)
・・・なぜなんだろう??
他の砂地と何が違うのだろう??
不思議だけど、理由は未だに解明されていません。

他ではなかなか観察できないと言われているオオバウチワエビ。
貴重な生物として、毎年大事に見守っています^^
posted by 海好き at 17:26| ふくちゃん